内臓脂肪は医薬品に頼るより生活習慣の改善から

私は現在内臓脂肪の対策として防風通聖散と言う医薬品(漢方)を飲みながらダイエットをしています。
ダイエット効果はまだ出ていませんが、便秘に関しては良い方向に進んでいるかなと言う状態です。

 

しかし、世の中には短期間で即効性のある痩せ薬なんてのも存在します。
私はそのような医薬品には簡単に手を出さない方が良いと考えています。

 

というのも効果の高いモノはそれなりに副作用や危険性をともなうからです。


[スポンサードリンク]

痩せ薬は危険!安易に手を出さない方が良いかも

なぜ痩せ薬のような医薬品に手を出さない方が良いと思ったのか?
1つめに日本で流通しないないことが上げられます。

 

ネット上を探すと痩せ薬とも取れる医薬品は数多くありました。
その多くが輸入販売(主にアメリカ)で日本で一般流通しているものではありません。

 

日本では厚生労働省が安全基準を設けています。

この安全基準は当然ながら日本人向けです。

海外の医薬品やサプリメントを個人輸入して販売することも認められてますが、
一般流通しないので厚生労働省の基準を満たしていなくてもOKなのです。

 

日本は昔から米を主食とした野菜中心の食文化です。
日本食は健康食として世界で知られていますね。

 

それに対して輸入元であるアメリカは肉食文化です。
胃腸の構造が異なるのに服用して大丈夫なのかと疑問になります。


[スポンサードリンク]

西洋医学より東洋医学の方が良い

欧米諸国は西洋医学が一般的です。
西洋医学と東洋医学の違いについては↓の記事でも触れています。

西洋医学は例でも触れているように原因を特定して集中治療する医学です。
肥満の原因は食欲もしくは脂肪の付着にありますので、

  • 食欲を抑え込む
  • 脂肪が付着する前に排泄する

など生理行動を無理矢理抑制する方法です。
短期的にやるなら即効性はあると言えるでしょう。

 

しかし、長期化したらどうなるでしょうか?

栄養失調になるということも十分考えられます。

 

肝機能に問題が出てくる懸念もあります。
ましてや日本の厚生労働省の基準を満たしていない医薬品がほとんどとのことです。

 

何が起こっても自己責任となるでしょう。
私は怖くて試すことができませんね。

リバウンドしやすい体になる可能性

肥満の人は摂取カロリーが過剰な傾向にあります。
そのため不要な栄養素を捨てるという意味では痩せ薬は効果的と言えるかもしれません。

 

しかし、果たして必要な栄養素を確保できていると言えるのか?

1日の消費エネルギーは運動するときだけでなく基礎代謝という内臓を動かすエネルギーが24時間消費され続けています。
この基礎代謝は1日の摂取エネルギーとだいたい一緒になるようにコントロールされています。

1日中食っちゃ寝をしても体重の増減はそれほどないでしょう。
これは食べた量と基礎代謝がイコールになっているからです。

 

食欲や吸収を無理に抑え込み摂取カロリーが減ると基礎代謝も落ちていくでしょう。
そうなるとリバウンドしやすい体になる可能性もあるのです。


[スポンサードリンク]

漢方の力を借りつつ生活習慣の改善

今回は痩せ薬の危険性が話の中心となりました。
即効性はあるかもしれませんが、それによる副作用的なモノは見逃せません。

 

肥満の原因は生活習慣にあります。
生活習慣を見直さないと同じことの繰り返しです。

どうしても医薬品に頼りたいなら漢方薬が良いです。

こちらの記事でも触れていることですが、東洋医学は予防(事前)の医学で病気になる前の正常な体へ戻していこうというのが目的です。
無理な食事制限をしたダイエットはリバウンドする危険性が高いです。

 

今の私がそうです。

 

漢方の防風通聖散は血液循環に影響を与えて、脂肪を燃焼しやすい状態をサポートします。
自分の過去のダイエット経験からしても生活習慣を 改善していくのが将来的に良いのかなと思いますね。


ブログランキングに参加中。
この記事がお役に立てましたら下のバナーを1クリックお願いします。


体質改善ダイエットランキング


生活習慣病ランキング

コメントは受け付けていません。